柔道整復師と他の職業の違いについて

柔道整復師とは、柔術を活用した手技で骨折や脱臼、捻挫や打撲等の治療を行う人の事です。
解り安く言えば、整骨院の先生です。


ほねつぎや接骨師と呼ばれる事もあります。

柔道整復師は国家資格で、厚生労働大臣より免許を受ける必要があります。

一見、力が要りそうな職業に思えますが、技術さえ身につければ女性でも問題ない職業でもあり、年々その数も増えています。

この職業につくには、高校卒業か大学入学資格検定が合格した者が、国が認定する専門学校で3年以上専門知識を習得する必要があります。それにより、国家試験の受験資格が得られるのです。


よく整体師と柔道整復師が同じ様なものだと考えられがちですが、全く違う物です。整体師は免許というものはありません。



民間団体が証明する資格となるのです。

体の歪みを整えたりはしますが、医療行為とは別物なのです。


それに比べて柔道整復師は、骨折等の治療が行えます。保険も使えますし、そもそこちらは国家資格という所から違うのです。

また、理学療法士とも同じように考えられがちですが、こちらも違います。
同じく国家資格ではありますが、一番の違いは自ら治療できるかどうかです。



理学療法士は、医師の指示のもとに理学的療法を行います。

それに比べ、柔道整復師は自ら治療が施せるのです。医師のように外科的な治療や投薬は行えませんが、体の機能回復のサポートを行い、痛みを直接取るというより体を調節して自然治癒に導くという治療を行うのです。